ホーム > 企業情報 > 社長挨拶

社長挨拶

社長挨拶

商船三井ロジスティクスは、1960年の三井航空サービス(株)設立から2015年で満55年、2016年には現社名への改称から満15年の節目を迎え、新たな時代へのスタートを切りました。これもひとえにお客様をはじめとするステークホルダーの皆様のご理解とご支援の賜物と、心より感謝申し上げます。

当社は商船三井グループの中核物流会社として、総合的な国際物流サービスを提供しているグローバル企業です。「お客様のいかなるニーズにもお応えできる総合的な付加価値の高い物流企業を展開し、世界経済の発展に貢献すること」を使命として“MOL Logistics”という統一ブランドの下、全世界のネットワークを整備、拡充し、更なる業容の拡大に取り組んでおります。航空、海上、陸上の貨物輸送サービスはもとよりロジスティクス事業、海外引越、及びこれらを組み合わせた複合物流サービスを安全に且つ安定的にご提供する事を通じて、お客様から安心と信頼のご評価を得ることを日々の業務の指針としております。

2013年度に策定した中期経営計画「CHALLENGE 2015」では、この3ヵ年を「成長に向けて新たな試みに果敢に挑戦する期間」と位置づけ、全社一丸となり様々な実践に取り組んで参りました。その結果、連結利益目標数値を達成し、成長機軸への足場を固めることができました。

2016年4月からは、「2021年度売上高1000億円達成に向けた、事業規模の積極的な拡大」をメインテーマに、全社員が参加する形で中期経営計画「ENLARGE 2018」が始動しました。長期ビジョンとして、「各国マーケットにおいて競争を勝ち抜く、高品質、かつ特色のあるサービスを、競争力のあるコストで、グローバルに提供する物流企業を目指す」を掲げ、社員一人ひとりが物流プロフェッショナルとしての誇りと自覚を持ち、進化し続ける物流サービスの創造、さらに持続的成長を続けていくための挑戦を一つ一つ確実に実行して参ります。

健全で透明性の高い経営はもちろん、拠点を設けている各国の文化の理解と尊重を通じて従業員を国籍、性別、年齢にこだわらず公平に評価し、それぞれがその能力を十分に発揮し、働くことに満足できる環境を整え、広く社会から共感が得られる企業となるようその価値を高めて参ります。

今後とも、商船三井ロジスティクスへのご支援をよろしくお願い申し上げます。

サービス案内
注目のソリューション
企業情報

グローバルネットワーク
ビジネスサポート
企業情報

PAGE TOP