ホーム > インフォメーション&ニュース

インフォメーション&ニュース

2012年04月09日

生鮮・食品の輸出入営業強化に向けて新組織を発足

当社は、本年04月01日付にて、生鮮・食品取り扱い強化に向けた組織を改編し、新たに「生鮮・食品営業グループ」を新設しましたのでお知らせします。

当社の生鮮・食品の取り扱いは従来、輸入営業部営業グループ内に専任スタッフを置き対応して参りましたが、最近、生鮮・食品関連の輸入、及び高級食材の日本からの輸出がアジアを中心に増えていることに鑑み、新たに「生鮮・食品営業グループ」を設置し、生鮮・食品関連の営業強化と顧客サービスの充実を図ります。

専門知識とノウハウを必要とする生鮮・食品の輸送には、取り扱い経験豊かな専門スタッフが対応し、航空・海上の輸出入フォワーディング、定温定湿輸送に加え、他法令(検疫、食品・衛生検査等)手続き、通関、配送、倉庫保管等のサービスも同グループが一元的に取り扱うことで、お客様のあらゆる物流ニーズに迅速に対応いたします。

当社は航空フォワーダー業界では他社に先駆けて、米国ボストンからのマグロの輸送、シアトル・アンカレッジからのサケ・筋子・イクラ・白子等の生鮮品の輸送を活発に行って参りました。当社海外拠点の所在地は、米国を筆頭にオーストラリア、オランダ、中国、台湾、タイ、ベトナム等、主要生鮮・食品の原産国でもあることから、これまで以上にこれら海外現地法人との連携を密にし、安全、安心な生鮮・食品の物流をご提供いたします。

サービス案内
グローバルネットワーク
注目のソリューション
企業情報

MLG CARGO DIGEST
ビジネスサポート
企業情報

PAGE TOP