ホーム > インフォメーション&ニュース

インフォメーション&ニュース

2018年09月19日

台風21号の影響について(4)

台風21号の影響による本日正午現在の物流への影響および弊社対応につきまして、以下にお知らせいたします。

関西国際空港

  • 18日(火)より、1期島A・B両滑走路の運用が開始されました。
    21日(金)に第1旅客ターミナルビル北側のスポット運用が再開される予定です。
  • 国際貨物地区は14日から順次再開されていますが、上屋施設の復旧状況や電気・水道などインフラ回復の状況は事業者によりバラつきがあるため、各々状況をみながらの対応となり、貨物取り扱いは徐々に拡大していくこととなります。全面復旧までにはまだ時間を要する見込みです。
  • 空港アクセス鉄道(JR西日本、南海電気鉄道)は18日(火)の始発から運行を再開しました。(当初の予定から3日前倒し。)
  • 航空会社各社は就航便のスケジュールを調整中です。完全復旧にはなお時間がかかる見通しです。
  • 18日の旅客便の発着(17日午後1時時点)状況は、国際線:計69便・137回、全体の39%、国内線:計57便・113回、同88%。
  • 日本航空は21日から関空発着の国内・国際線を全便再開すると、18日付で発表しました。
  • 空港島へのアクセス道路の混雑緩和を目的に要請が出されていた、混雑時間帯(午前6時~同9時まで/あるいは午前6時~同9時台)の空港島へのトラック流入抑制については、鉄道の回復、臨時シャトルバスの終了により、徐々に緩和に向かうものと予想されます。
  • 連絡橋道路部分の完全復旧時期について国交省は、来年の大型連休までを目標としていることを明らかにしました。

航空輸送

  • 成田・羽田、セントレアでは貨物量が急増しており、各空港で受託制限や、搬出・搬入作業の遅延が継続しています。
  • 成田では上屋の蔵置場所を拡大して対応しているほか、一部のトラック会社が関西方面への貨物の受託を制限する動きが出ています。
  • 成田の日本航空(JL)は16日付で、17日到着便から当分の間、成田空港宛貨物(※)の一時受託停止を発表しました。輸入貨物の流入量が減らず、同社輸入上屋が機能停止寸前の状態に達したことがその要因です。
    (※)国内他空港からのトラック便を含む。生鮮貨物、人道的見地から緊急性を要す緊急貨物を除く。
  • 成田の国際空港上屋株式会社(IACT)は19日、同日から当面の間、緊急貨物取扱サービスの停止を発表しました。理由は、成田向け航空貨物の急増により上屋スペースの一時増床等の緊急措置を図り混雑緩和に取り組んでいるが、作業遅延ならびに従来のサービス対応が出来なくなっていることに因ります。
  • セントレアの全日空(NH)上屋は、蔵置場所が確保できない状況となり、搬入作業を一時停止しています。
  • 関空の全日空(NH)は18日から、蔵置されている輸出貨物および輸入貨物の引き渡し(搬出作業)を再開しました。営業時間は午前9時から午後3時まで。なお、関空発着の新規予約・受託は引き続き停止となっています。

海上輸送

  • 神戸港:六甲アイランド:RC6、RC7は12日から、引き取り可能なコンテナの搬出を再開しています。RC6、RC7のガントリークレーンの復旧時期については今週中に示せるよう、電気系統や機械類の点検・回復作業が継続されています。
  • 同RC6、RC7を利用していた船社の航路は、神戸港内の他のターミナルで暫定受け入れを行っています。

***************

弊社の対応

  • 既報の通り、弊社は18日より、輸出・輸入ともに関空事務所での業務を再開しました。ただし、関空国際貨物地区の機能が完全復旧するまでには今暫く時間を要する見込みのため、成田・セントレア・福岡等での代替え対応を継続致します。
  • 関空乗り入れを再開した航空会社利用の輸出貨物については一部、限定的ではありますが、18日から関空事務所でのオペレーションを再開しました。ただし、航空会社の予約状況、上屋状況、道路事情などにより受託をお断りせざるを得ないケースもございます。(関空への乗り入れ、搭載可能なFlightは現段階では限られています。)
  • 関空着輸入貨物の引き渡しについては、19日(水)到着分より、弊社関空事務所でのオペレーションを再開しました。ただし、関空連絡橋の運行規制等により、〆切時間は通常よりも早く設定させていただくこととなります。
  • 通関については、弊社関西支店扱い分は全て、りんくうにて対応しております。
  • 弊社関空カーゴセンター(輸出貨物上屋)は、第一貨物代理店上屋の屋根および庇部分の修繕工事が終了したため、18日から再開しました。(ただし、関空への乗り入れ、搭載可能なFlightは限られていますので、対応可能な貨物も当面は限定的となります。)

***************

関係各所の事情が慌ただしく変化しているため、諸々時期を見極めるのが難しい状況が続いております。

最新および個別の状況につきましては、お手数でも弊社営業・セールスデスク担当までご確認くださいますようお願いいたします。

お客様には今しばらくの間ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解のほどお願い申し上げます。


サービス案内
グローバルネットワーク
注目のソリューション
企業情報

MLG CARGO DIGEST
ビジネスサポート
企業情報

PAGE TOP