ホーム > インフォメーション&ニュース

インフォメーション&ニュース

2020年02月25日

ドイツ現地法人がMenzell & Döhle社との合弁会社、MOL Döhle Worldwide Logistics GmbHを設立
~ ドイツにおけるNVOCC事業強化 ~

商船三井ロジスティクス株式会社(社長:東郷修平、東京都千代田区、以下MLG)のドイツ現地法人・MOL Logistics(Deutschland)GmbH(以下、MLGドイツ)は2020年1月17日付けで、同国ハンブルグを本拠地とするMenzell & Döhle GmbH & Co. KG(以下MD)と海上・陸上フォワーディングサービスを中心とする合弁会社・MOL Döhle Worldwide Logistics GmbH (以下、MDWL)を設立しました。来る3月より営業を開始します。合弁会社ではMLGドイツが過半数株主となります。

MLGは世界26ヵ国に126のグローバルネットワークを展開し、総合物流事業および国際航空・海上フォワーディングサービスをフルラインナップで提供しています。一方、MD社は複数の異なる海事産業サービスを提供するDöhleグループの傘下にあり、ドイツ国内で海上貨物の取り扱い中心地であるハンブルグを本拠に船社代理店業務やフォワーディング、グローバルな輸送・物流サービスを提供しています。

MOL Döhle Worldwide Logistics GmbH(MDWL)では、両社のシナジーによりドイツにおける海上貨物全般での営業を強化してまいります。MLGドイツ・ハンブルク支店の機能、要員をMDWLに移行することで、NVOCC事業ではコンテナ貨物取扱量の拡大が期待されます。また、ハンブルクを起点に東欧・ロシアを含む欧州内陸国のカバーもより容易になり、お客様の一貫輸送のニーズにお応えしてまいります。

海上貨物関連業務をMDWLへ移行後は、MLGドイツの他の本支店(デュッセルドルフ本社、フランクフルト支店、ミュンヘン支店)では主として航空貨物、陸上貨物を中心とした営業を行います。従来MLGハンブルグ支店へ頂いておりましたお問い合わせ等はMDWLにてお応え致します。


J/V会社概要

会社名 MOL Döhle Worldwide Logistics GmbH (MDWL)
所在地 Alter Wall 55 20457 Hamburg, Germany
代表者 Managing Director Kazuaki Tsuchiya(土屋一顕)
General Manager Thorsten Wiechers
設立年月日 2020年1月17日
営業開始日 2020年3月2日(予定)
従業員数 12名(役員を除く)
業務内容 海上・陸上フォワーディング、その他付帯サービス

サービス案内
グローバルネットワーク
注目のソリューション
企業情報

MLG CARGO DIGEST
ビジネスサポート
企業情報

PAGE TOP