ホーム > 採用情報 > 採用QA

採用QA

  • 選考について
  • 入社後について
  • 会社について

選考について

入社時点で語学力はどの程度必要ですか?また必要とされる言語は何ですか?
明確な基準は設けていませんが海外拠点とのやりとりも多い業務なので一定の英語力は必要です。またグローバル展開をしているのでその他の外国語ができれば活躍の場も広がる可能性があります。但し語学力のみを選考の判断材料にはしていません。当社では人材育成の一環として社内外国語研修や会社補助の制度を設けておりますので、入社後意欲的に勉強してください。
通関士資格は必要ですか?
当社は通関、倉庫、配送などの現場業務をグループ会社に業務委託しているため、必須ではありません。但し、フォワーディング業務においても通関の知識は必要となりますので取得することは決して無駄になりません。より業務知識を深めるため入社後に取得する社員もいます。
OB・OG訪問を受け付けていますか?
大変申し訳ございませんが、人事総務部からの紹介は控えさせて頂いております。 個人的にお会い頂くことは制限しておりませんので、大学の就職部などでお調べ頂き、OB・OGに直接連絡をお取り頂きますようお願い致します。

入社後について

配属部署はどのように決まるのですか?また、異動は定期的にありますか?
入社後1年は現場研修を行い、その後、本人の適性・能力、会社の育成プラン・方針などを考慮した上で配属を決定します。また、社員の業務スキルを高め、将来必要な人材の育成を図る為に、各部店の人員状況に応じてジョブローテーションを行っています。
住宅手当はありますか?
住宅手当はありません。但し入社後に転勤となった場合は住宅補助を行います。
結婚、出産後の女性社員の活躍状況はいかがですか?
当社ではこれまでのキャリアを活かして結婚、出産後も仕事を続けていってほしいと考えています。そのような意志のある社員を支援するため、育児休暇制度や時間短縮勤務制度を整えており、多くの社員が利用しています。
海外赴任をしている社員はどのくらいですか?また入社後何年後に赴任ができますか?
現在全体の約20%の社員が海外の現地法人・事務所で勤務しています。社員の経験や適性、能力、及び会社の海外展開プランを考慮した上で人選し、早い人では入社から3~4年目で赴任するケースもあります。

会社について

㈱商船三井と商船三井ロジスティクス㈱の違いは何ですか?
㈱商船三井は当社の親会社であり、自社で船を所有する船会社です。当社、商船三井ロジスティクス㈱は自らは船や飛行機などの輸送手段を持たず、船会社や航空会社の運送を利用して貨物を輸送しているフォワーディング業務を行う会社です。
会社の強み・特徴はどのようなところですか?また今後の展開についておしえてください。
当社は現在17カ国に現地法人と駐在員事務所を置き、これに提携代理店を加えると約80カ国に拠点があります。会社の規模と比較して海外ネットワークが豊富なことが強み・特徴です。今後は東南アジアや南米の新興地域での物流網の整備、拡大、取り組みの強化を図っています。
各営業部門の取扱比率をおしえてください。
取扱比率は航空貨物50%:海上貨物30%:ロジスティクス20%です。主力の航空貨物と並行して海上貨物とロジスティクスの取扱いを増やしていくことを目指しています。
採用トップへ戻る
サービス案内
注目のソリューション
企業情報

グローバルネットワーク
ビジネスサポート
企業情報

PAGE TOP